アルコールで動悸がする原因!対処法や効果的な治し方も紹介

Pocket

「アルコール飲んだら、なぜ動悸がするの?」

アルコールを飲んで動悸を感じたら、非常にしんどいですよね…

では、なぜアルコールによって動悸を感じるのでしょうか?

ということで今回は、

  • アルコールで動悸がする原因とは?
  • 対処法や効果的な治し方は?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールで動悸が起こる原因

アルコールを摂取して動悸が起こる原因は、お酒を大量に摂取する習慣が付いている人が止めた時に起こります。

では、なぜ止めたのに起こるのでしょうか?

アルコール依存症が禁酒すると、脳の活動は長時間抑制されます。

禁酒の抑制効果に対抗して、神経の過剰活動が現れて動悸が起こるのです。

これは軽い離脱症状とも言われています。

ただ、症状が重い場合は細かい文字を書く時に手や指が震えたり、てんかんと同じ発作が起きたりします。

また、お酒を飲むと血管が拡張するため、血液が足りない状態になります。

心臓が頑張ってポンプの仕業をしているため、動悸が起きる事もあります。

ストレスでお酒の量が増えてしまって、動悸が出るケースもあります。

ストレスを感じない生活を送るのは難しいため、ストレスをかわしながら上手く付き合うしかありません。

動悸が起きた時の対処法

アルコールを摂取して動悸が起きたら、すぐに病院へ行く事です。

アルコールを長期間飲み過ぎていると、様々な臓器障害を併発する事が多いです。

多く見られるのは肝機能障害で、アルコール性脂肪肝やアルコール性膵炎を引き起こしている危険性もあります。

アルコールが強くない人が飲み続けていると、食道がんや口腔がんの発症率が高まります。

このような病気の早期発見をするためにも、早めに病院に行くのがおすすめです。

出来れば、専門医のいる病院に行くのが良いです。

ただ、近くに病院がない場合は、かかりつけの内科か精神保健福祉センターや保健所で相談をすると良いです。

スポンサーリンク

効果的な治し方

アルコール依存症の治療を病院で、受ける事が効果的な治し方です。

アルコール依存症の治療法は、外来でも出来ますが、入院治療が主体になっています。

入院治療では、解毒治療とリハビリ治療と退院後のアフターケアの3つがあります。

解毒治療は、体と心に起きている合併症の血長と、離脱症状の治療を行います。

リハビリ治療は個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒の問題の現実を認識して断酒の決断に導きます。

退院後のアフターケアは、病院への通院と抗酒薬の服用と自助グループへの参加を継続していきます。

動悸が起きた時にアルコールと共に飲んではいけない薬

基本的に、どの薬もアルコールと一緒に飲んではいけません。

特に、抗酒薬を飲んだ後にアルコールを飲むと、顔が赤くなり、吐き気や頭痛を引き起こす事もあります。

人によって症状の差はありますが、酷い人は呼吸が出来なくなる事もあります。

そのため、絶対薬を飲んだらアルコールを飲んではいけないです。

抗酒薬には、シアナマイドやノックビン等があります。

どの抗酒薬でも、これらの症状が起きるため、薬を服用した後は気を付けます。

精神安定剤は、アルコールで飲んでしまうと薬の効果が強くなり過ぎてしまいます。

ふらつきや激しい眠気や幻視や幻聴等が、現れてしまう事もあります。

必ず飲む時には、水か白湯で飲むようにします。

スポンサーリンク

アルコールと動悸まとめ

  • アルコールで動悸がする原因は、アルコール依存症の人が禁酒して離脱症状が出るから!
  • 対処法は、アルコールを飲んで動悸がしたら、すぐに病院へ行く!
  • 効果的な治し方は、アルコール依存症の治療を病院で受ける!

など分かりました。

アルコールでの動悸は、アルコール依存症の人の離脱症状だったことが分かりました!

動悸を感じたら、とにかく少しでも早く病院へ行って、適切な治療を受けましょう。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です