アルコールで腹痛になる原因!すぐに出来る対処法も紹介

Pocket

「アルコールでなんでお腹が痛くなるのかな?」

アルコールを飲んでから、お腹が痛くなるの何かと大変ですよね。

では、なぜアルコールを飲んで腹痛は起きるのでしょうか?

ということで今回は、

  • アルコールで腹痛になる原因は何?
  • すぐに出来る対処法はあるの?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールで腹痛になる原因

腹痛になる原因は、アルコールによる分解作用が関係しています。

これを分かりやすく説明します。

まず、アルコールは肝臓で分解されて、胃や小腸で吸収されます。

小腸は80%もアルコールを吸収していて、小腸の粘膜にある酵素の働きが弱まり糖や脂肪や水分やナトリウム等が吸収されにくくなります。

これにより、浸透圧性の下痢になります。

更に小腸で消化や吸収されなかったものが大腸に流入して、排出物が増えます。

こうなると末梢化と未吸収物を早く排出しようとして、大腸の蠕動運動が活発になって通過するスピードが速くなります。

この結果から水分の多い状態で便が排出されるため、腹痛が起きます。

アルコールで腹痛が起きる頻度は、30%~60%とされているため珍しい事ではないのです。

腹痛が起きた時の対処法

過度に飲酒をすると腹痛になるため、お酒を飲む量を控える事です。

自分の身体の適量を超えている可能性があるため、飲酒量を見直します。

また、脂質や糖質が多い食べ物は消化吸収に影響を及ぼすので控えましょう。

おつまみなど脂っこい物は避けて、消化の良い物を選びます。

そして、飲酒前にアルピタンを飲むと、漢方の働きにより、アルコールが原因の腹痛に効きます。

詳細はこちらをご覧下さい。

食事の前に、服用する漢方薬です。

薬局やドラッグストアで簡単に手に入るため手軽に服用が出来ます。

スポンサーリンク

腹痛を放置するとどうなるのか?

アルコールを摂取した後に腹痛になっても放置をすると、病気にかかっている事もあるため注意が必要です。

では、どんな病気の恐れがあるのでしょうか?

それは、アルコール性肝炎と言われる病気です。

この病気を発症すると、アルコールを分解する過程で有毒物質等により幹細胞が破壊されて炎症を起こします。

これはアルコールを大量に摂取すると起きます。

大量のアルコール摂取により、肝臓でのアルコールの分解と解毒が追い付かなくなり肝機能が低下してしまいます。

こうなると本来、肝臓で吸収されるエネルギーになるはずの中性脂肪が、エネルギーに変わらずに、肝臓内に残ってしまいます。

中性脂肪が沈着した状態になり、この状態で飲み続けると肝脂肪により機能が低下している肝臓の細胞が炎症を起こします。

また膵炎になっている事もあり、アルコールを大量に飲むと膵液の分泌が盛んになり膵液が膵臓に溢れます。

こうなると自己消化を起こして、膵臓を傷付ける事になります。

アルコールの大量摂取以外にも肉類や揚げ物等を沢山食べた時にも起こります。

そのため、おつまみによってはアルコールの量が多くなくても起こる可能性があります。

アルコール摂取後にやってはいけないこと

アルコールを摂取したら、直ぐに入浴はしてはいけません。

体が温まるため、血液の循環が良くなり更にアルコールが全身に回ってしまいます。

ますます酔った状態になってしまうため、浴槽に浸かるのは止めてシャワーを浴びる程度にしておきます。

それかアルコール摂取をしてから、2時間後以降に入浴するようにします。

そして、1番やってはいけないのは飲酒して自動車を運転することです。

道路交通法でも違反になっていますが、アルコールの数値に関係なく運転能力を欠く状態で運転をする事になってしまい、とても危険です。

交通事故を起こしやすくなるため、絶対に飲酒運転は控えます。

スポンサーリンク

翌日に二日酔いになった場合の対処法

とにかく、水分補給をする事です。

その理由は、二日酔いになる原因が水分不足だからです。

水分を摂り入れる事で、アルコールの分解を素早く出来るようになります。

尿の量を増やせるため、排出を促せます。

アルコールで腹痛になる原因まとめ

  • アルコールで腹痛になる原因は、アルコールの分解作用から!
  • すぐに出来る対処法は、飲酒量を減らす又はアルピタンを飲酒前に飲む!

など分かりました。

アルコールによる腹痛を防ぐためには、事前にアルピタンを飲みましょう。

そして、消化の良いものを食べるなどして対策をしましょう。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です