アルコールで眠くなる5つの理由!対策や予防方法はあるの?

Pocket

「アルコールで眠くなるのは、なぜなの?」

アルコールで眠くなるのは、私も経験があるので疑問に思います。

では、その5つの理由とはなんなのでしょうか?

ということで今回は、

  • アルコールで眠くなる5つの理由とは?
  • 対策や予防方法はあるの?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールで眠くなる5つの理由

5つの理由は、以下をご覧下さい。

  1. リラックス効果
  2. ストレス抑制効果
  3. 体温低下状態
  4. 脳の活動低下状態
  5. 肝機能低下状態

などの理由があるから、お酒で眠くなります。

では、その理由をそれぞれ具体的に説明します。

アルコールによるリラックス効果

アルコールのリラックス効果により、眠くなる事があります。

アルコールは、脳や神経の働きを抑制させてその時に脳がリラックスするからです。

そして、「セロトニン」という脳内物質を分泌させる事でリラックス状態になります。

セロトニンは、不安や恐怖等の感情を抑えて気持ちを鎮静化させる働きもあります。

アルコールによるストレス抑制効果や体温低下

リラックス状態の他に、ストレスを抑える効果もあるため、眠気を誘います。

また、アルコールは、体温を下げる働きがあります。

お酒を飲み始めると、体温が上昇して火照ます。

その時、拡張した血管から体の熱が逃げやすいため、次第に体温が下がっていきます。

人間が眠りにつく時には、脳や臓器を休めるために体温が低下し、寝る準備を始めます。

脳の活動低下や肝機能低下状態

大量のアルコールを摂取すると、脳の活動は低下して意識を失う事もあります。

アルコールの催眠作用ともいわれますが、アルコールの過剰摂取による睡眠は、寝つきでは最悪です。

脱水症(熱中症)になる等の危険な状態になって寝てしまうからです。

アルコールは、肝臓内のグリコーゲンをブドウ糖に分解するのを促す作用があり、一時的に血糖値を上昇させます。

しかし、血糖値が上がらないアルコールもあり、それは糖質が含まれていないものです。

それは、アサヒのスタイルフリーなどのお酒です。

詳細はこちらをご覧下さい。

糖質ゼロなので、血糖値上昇の心配はありません。

ただ、お酒に変わりありませんので、飲み過ぎには十分注意しましょう。

そして、血糖値が低下してしまうと、脳の活動が低下するため眠気が起こります。

アルコールが体中に溢れ出して、肝臓でアルコールが分解処理が充分に出来なくなり眠くなります。

昔は、アルコールを飲んでも何もなかった人が、最近すぐに眠くなる人は肝機能が低下している可能性があります。

アルコールで眠くなった時の対策方法

アルコールで眠くなったら、熟睡出来ないため、少しだけ仮眠を取る程度にしておきます。

眠いからと寝てしまうと、眠りの質が下がり中途覚醒が起きてしまいます。

睡眠不足になりやすくなるため、脳が十分休まらなくなります。

アルコールが体から完全に抜けてから、きちんと睡眠を取るようにします。

アルコールで眠くならないようにするための予防法

適量の水を飲む事と、ゆっくりとアルコールを飲む事です。

これを意識すると、アルコールが体に回るスピードを抑える事が出来ます。

そして、アルコールを飲んだ後、眠くなりにくくなります。

また、空腹状態でアルコールを飲まないようにするために、少しでもおつまみ等を食べる事良い方法です。

胃の中に食べ物を入れておく事で、アルコールを空っぽの胃に流す事がなくなります。

寝酒の危険性

寝酒をすると寝つきが良くなりますが、中途覚醒をしやすくなります。

アルコールにより脳が麻痺しているため、アルコールの作用で強制的に眠りについてしまいます。

しかし、アルコールが体中から抜け出すと、眠りが浅くなり、目が覚めてしまいます。

睡眠時に必要以上に筋肉が弛緩するため、睡眠時無呼吸症候群が起こりやすくなります。

喉周辺の筋肉が弛緩すると、気道が狭くなり無呼吸になってしまいます。

寝酒でアルコール依存症になりやすく、寝酒をしても翌日疲れが取れていないため、寝酒の量を増やしてしまいます。

しかし、増やしても寝られなくなり、更に量を増やしてしまい、アルコール依存症に陥ってしまいます。

寝酒で寝れても眠りが浅い事で、翌朝になっても疲れが取れていない事が多いです。

しっかりと日中の疲れを取るには、寝酒をしないで眠りにつく事です。

そして、翌日の二日酔いがご不安な方は、漢方薬のアルピタンを飲むと良いです。

詳細はこちらをご覧下さい。

アルピタンは、ドラッグストアーでも手軽に購入できる漢方薬です。

二日酔い以外にもお酒による頭痛や腹痛、吐き気解消効果もあります。

普段、お酒を飲む機会が多い方はアルピタンをお試しください。

アルコールで眠くなるまとめ

  • アルコールで眠くなる5つの理由は、リラックス効果やストレス抑制効果、体温低下状態、脳の活動低下状態、肝機能低下状態などあるから!
  • 眠くなった時の対策は、少しだけ仮眠をとって熟睡はしない!
  • 予防方法は、適量の水を飲む事と、ゆっくりとアルコールを飲む事

など分かりました。

アルコールによる眠気に悩まされている方は、20分程度だけ眠る事をしましょう。

熟睡すると、その後に眠りづらくなり、翌日の仕事に支障が出ます。

そして、翌日の二日酔いがご不安な方は、アルピタンをお試しいただければと思います。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です