アルコールは脳にダメージを与える影響が強い?回復させる方法はあるの?

Pocket

「アルコールって脳にダメージを与えるの?」

アルコールは、脳にダメージを与えます。

では、なぜアルコールが脳にダメージを与えてしまうのでしょうか?

ということで今回は、

  • アルコールは脳にダメージを与える影響が強いって本当?
  • 回復させる方法はあるの?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールは脳にダメージを与える影響が強い?

アルコールが脳にダメージを与える影響が強い説は、本当です。

適度な飲み方ならそこまで問題ありませんが、多量の飲酒は脳を萎縮させるといいます。

アルコールの過剰摂取は、脳への大ダメージに繋がります。

適量ならいいのですが、多量なら脳萎縮や損傷リスクが高くなります。

一般的な脳の委縮は、30歳ぐらいが始まりと言います。

一種の加齢減少と言います。

詳しく話しますと、脳内の白質と言う神経線維が死滅し、脳が萎縮すると言います。

脳の委縮による代表的な自覚症状が、記憶の低下です。

これを放おっておくと、アルツハイマー型認知症に進んでしまう恐れがあります。

脳は加齢とともに萎縮します。

それに加えて高齢となれば萎縮は進んでしまいアルコールが加われば飲む人、飲まない人などを比べて10~20%程萎縮しているといいます。

脳全体が小さくなることで脳脊髄液で側脳室が広がったことになります。

脳の萎縮の原因

脳が萎縮する原因は、多量のアルコールを毎日飲む事で起こります。

それを繰り返してしまうと、短期間での脳萎縮が起こり、飲酒経歴が短くても、進行が早く進んでいきます。

それと、脳内の神経細胞は、一度死滅すると再生することはできません。

だから、脳萎縮というのは、とても危険な事なのです。

よくお酒はほどほどにと言われますが、その通りだと言う事です。

スポンサーリンク

どうすれば、傷んだ脳を回復させられるのか?

お酒を完全に断つしかありません。

ただ、脳が痛むまで飲んでいるという事は、アルコール依存症になっている可能性があります。

依存症が起これば、アルコールを断つことは人並みにはいきません。

離脱症状が起こり、通常の生活は困難になります。

時には精神異常が起こり、長期の精神病院の入院が必要となります。

医師が、「お酒は、適度な量を」と言うのは本当です。

そして、その助言を完全に守る事が重要です。

そうでなければ、依存となり病院へ入院し続けなければなりません。

脳を萎縮させないアルコールの飲み方

萎縮させないアルコールの飲み方は、以下の記事をご覧下さい。

アルコールで腹痛になる原因!すぐに出来る対処法も紹介

萎縮させない飲み方は、漢方薬のアルピタンを飲むことです。

詳細はこちらをご覧下さい。

アルピタンは、腹痛や頭痛、二日酔いなどの対策品とする市販薬です。

これを飲むのと飲まないのとでは、かなりの差があります。

そして、アルピタンが手元にない場合は、飲酒前に軽くおつまみを取るなどがオススメです。

ただ、注意すべきは「アルピタンがあるから、いくらでもお酒が飲める」と過信しないことです。

やはり一番は、お酒を飲まないことが1番の対策となります。

スポンサーリンク

少量のアルコールで脳を鍛えることが出来るのは嘘?

「酒は百薬の長」と言われますが、あれはガセです。

今では、少量のアルコールでも脳に影響が出ると言われています。

ただ、お酒が大好きな人にとっては、辛いですよね?

そこで、少量でも許される一般的な飲み方も紹介します。

  • 350mlのビール3缶程度(※1週間)
  • グラスワインなら2杯(※1週間)
  • ウイスキーなら150ml(※1週間)
  • 焼酎なら240ml(※1週間)
  • 日本酒なら400ml(※1週間)

このぐらい少量に飲まないと、脳に悪影響を及ぼす恐れがあります。

アルコール摂取後に運動してはいけない!?

アルコール摂取後に運動するのは、危険です。

例えば、ランニング前にお酒を飲んだら、ランニング中に転倒する恐れが高まります。

では、なぜお酒を飲んでランニングしたら、転ぶのでしょうか?

それは、運動中に筋力や持久力を失い、めまいなどが起こる可能性があるからです。

更に、お酒を飲んだ後は、集中力やバランス感覚、判断力なども著しく失います。

そして、脱水症状の恐れもあります。

アルコールには、利尿作用がありますね。

運動中にかく汗とアルコールの利尿作用により、必要以上に体から水分が抜けるため、起こる可能性もあります。

スポンサーリンク

アルコールと脳の関係まとめ

  • アルコールは、脳にダメージを与える影響が強い!
  • 回復させる方法は、お酒を断つ又はアルピタンを飲む、飲酒前におつまみを食べる!
  • 少量でも、決められた飲酒量を守らないと、脳にダメージを与える!

など分かりました。

アルコールによる脳へのダメージの深刻さを考えると、お酒を断つ事が1番の近道です。

もしもお酒が大好きな人の場合は、アルコール依存症の恐れもあるので、病院へ行って相談する事をオススメします。

脳のダメージを気にせずに、大量飲酒をすると、後に認知症になる恐れもありますので、気をつけましょう。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です