アルコールでしゃっくりが出る原因と関係性!すぐに出来る5つの止め方とは?

Pocket

「アルコール飲んで、しゃっくりが出るのはなんでだろう?」

アルコールによるしゃっくりは、横隔膜が関係しています。

では、アルコールとしゃっくりにはどういう関係があるのでしょうか?

ということで今回は、

  • アルコールでしゃっくりが出る原因や関係性って何?
  • すぐに出来る5つの止め方とは?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールでしゃっくりが出る原因

原因は、以下をご覧下さい。

  • 冷たいものや温かいものを食べたり飲んだりした時
  • お酒の飲み過ぎ
  • 食べ過ぎ

特に、ビールや冷たいものを飲み過ぎると、温度変化からしゃっくりが起こると言われています。

お酒で食欲が増進するために、食べ過ぎなども考えられます。

私も、たまに食べ過ぎた時に、しゃっくりが出るので、気をつけようと思います。

では次に、アルコールを飲んでしゃっくりが出る関係性を次に紹介します。

アルコールとしゃっくりの関係性

アルコールを体内に取り入れた時、急激な温度変化が身体に起こります。

その時、横隔膜が刺激されて、しゃっくりが出る仕組みです。

出典:http://kouart.com

横隔膜は、肺の下にある筋肉です。

息をする時に使う筋肉で、一番重要といわれています。

特に、お酒を飲みすぎた場合は、胃腸が急激に拡大して胃が刺激されることで横隔膜の痙攣も激しくなります。

スポンサーリンク

しゃっくりが出た時にすぐ出来る5つの止め方

5つの方法は、以下をご覧下さい。

  1. 温かい飲み物を飲む(※熱湯以外)
  2. 舌をハンカチやガーゼでつまんで強めに引っ張る
  3. 砂糖やはちみつを急いで飲む
  4. 痛さを感じるくらいの強さで耳の穴を30秒間ほど押す
  5. ゆっくり息を吸い、10~20秒ほど息を止める

などの方法が有効です。

私は、ほんのり温かい飲み物でしゃっくりを止めるようにしています。

舌咽神経を伝わる迷走神経(脳神経の一部)に刺激が加わることで、横隔膜が収縮して、しゃっくりの痙攣を止めることが出来ます。

ただし、熱湯のような高温の飲み物は飲まないで下さい。

熱湯だと、逆効果となってしゃっくりが止まらなくなると言われています。

そして、しゃっくりのを止めるのに、砂糖やはちみつなどをなめると効果があるといわれています。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

なぜ、砂糖やはちみつでしゃっくりが止まるのでしょうか?

この仕組みは、温かい飲み物を飲んだ時と同じです。

喉に砂糖やはちみつなどが行き渡る事で、それが迷走神経を刺激して、しゃっくりを止める事が出来ます。

お酒でのしゃっくりが長引いた場合の危険性

しゃっくりが長引くと、脳出血・脳梗塞・脊髄空洞症・多発性硬化症などその他にも沢山の病気の前触れが考えられます。

それと、2日以上しゃっくりが続く場合は、アルコール以外の別の病気の可能性もあります。

2日以上しゃっくりが続くようなら、病院へ行って医師の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

病院へ行っても、診断が曖昧な場合の対策

医師によっては、しゃっくりの中に別の病気が潜んでいる事を判断できない恐れもあります。

そして、単なるしゃっくりとしか見ていないので、重大な病気を見逃す場合もあるのです。

1つの病院で、しゃっくりに関しての診断が曖昧だった場合は、別の病院の受診を検討して下さい。

では、病院は何科へ行けばいいのでしょうか?

それは、内科・耳鼻咽喉科・消化器科・呼吸器内科・脳外科などです。

医療技術が進歩していて、評判が良い病院を見つけて、そこでしゃっくりの検査を受けましょう。

アルコールとしゃっくりまとめ

  • アルコールでしゃっくりが出る原因は、冷たいものや温かいものを食べた時や飲み過ぎ、食べ過ぎなど!
  • アルコールとしゃっくりの関係性は、アルコールによって横隔膜が痙攣を起こす!
  • 5つの止め方は、温かい飲み物を飲む、舌をハンカチやガーゼで引っ張る、砂糖やはちみつを飲む、耳の穴を30秒間押す、10~20秒間息を止めるなど!

しゃっくりが続く場合は、5つの方法を是非試してみましょう。

そして、2日以上しゃっくりが止まらない場合は、すぐ病院へ行きましょう。

最悪の場合、脳梗塞や脳腫瘍、神経や消化器などの病気の可能性があるからです。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です