お酒の賞味期限はいつ?未開封なら腐らないの?

Pocket

「お酒の賞味期限はいつなの?」

お酒の賞味期限は、種類によってそれぞれ違います。

では、具体的にそれぞれのお酒の賞味期限はいつなのでしょうか?

ということで今回は、

  • お酒の賞味期限はいつ?
  • 未開封なら腐らないの?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

お酒の賞味期限はいつ?

お酒には種類がいくつかあります。

種類別の賞味期限は、以下をご覧下さい。

  • 生酒:3か月
  • リキュール:3か月~9か月
  • 生貯蔵酒や本醸造酒:6か月
  • 特定名酒:9か月
  • 料理酒:9か月
  • 一般のお酒:1年間
  • チューハイ:6か月

などです。

それと、リキュールの場合は、明確な賞味期限はありません。

詳細はこちらをご覧下さい。

アルコール度数が高く、糖分も高めであると長持ちします。

その他、焼酎にも賞味期限はありません。

詳細はこちらをご覧下さい。

焼酎のアルコール濃度が、20~45度で10度以上になると生存出来ます。

ワインとウイスキーにも賞味期限がありません。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

生酒や純米酒等の若いお酒は、賞味期限が短いです。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

賞味期限を過ぎると飲めないわけではないですが、風味が落ちてしまいます。

未開封ならずっと腐らないのか?

未開封の場合、お酒によっては10年以上の保存が可能な場合もあります。

お酒が腐る事はなく、時間で変わるのは味や風味だけです。

しかしこれは、生ではないお酒の場合に限ります。

生のお酒の場合は、出来るだけ早く飲むのが前提になっています。

未開封の場合でも、冷蔵庫で半年が限度になります。

また、冷蔵庫の開け閉めが多い場合は、2か月くらいで美味しさは半減してしまいます。

ただし、美味しさが半減するだけで、腐る事はありません。

開封済みの場合の賞味期限

未開封の場合は常温で保存が出来て、残量が半分以上あれば直ぐに傷む事はありません。

直射日光と高温多湿は避けて、保存をします。

お酒は空気に触れると酸化をしていき、酸化が進むと成分が変質して嫌な匂いがします。

風味が飛んでしまうため、一旦開封をしたら1週間以内に飲み切るようにします。

冷蔵保存では、未開封であれば数年以上保存が出来ます。

そして、空気に触れないように保存が出来れば数年以上は持ちます。

開封後に常温保存していると、発酵が進んでしまうため冷蔵保存が望ましいです。

なぜお酒には製造年月日しか書かれていないのか?

お酒には賞味期限がないので、製造年月日しか書かれていません。

日本酒や焼酎や泡盛等は、製造年月日しか書かれていないです。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

アルコールを含んだお酒は変化しにくく、賞味期限を表示する義務がないのです。

アルコール度数が高いと殺菌作用があり、殺菌が増えると栄養素を増やしていきます。

このため、製造年月日しか記載されていないのです。

お酒の保存における注意点

冷蔵庫でゆっくりと保存をすると、ゆっくりと熟成していきます。

優しい熟成感を楽しみたい人は、冷蔵庫で保存をします。

冷蔵庫の温度が低くなると、よりゆっくりと熟成していきます。

より優しい繊細な熟成感を楽しみたい人におすすめです。

常温で保存すると、冷蔵保存よりは少し早く熟成します。

しっかりとした熟成を楽しみたい人は、常温で保存を行います。

空気に触れると酸化が進んでしまうため、お酒を空気に触れないように気を付けます。

特に開封後は空気に触れやすいため、注意が必要です。

賞味期限切れのお酒の有効活用方法

賞味期限が切れたら、日本酒として料理で使用をします。

その他、化粧水を作ったり、湯船に足したりして日本酒風呂にすると美容効果が得られます。

ご飯を炊く時に入れると、ご飯の臭みが消えて甘みのあるふっくらとしたご飯が炊けます。

お酒の賞味期限まとめ

  • お酒の賞味期限は、種類によって異なる!
  • 未開封なら腐らないが、風味や美味しさが半減する!

お酒の賞味期限は、種類によってあるものとないものがあることが分かりました。

万が一賞味期限が切れても、料理やお風呂に使えるものであれば、使ってリサイクルをするようにしましょう。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です