アルコールでくしゃみや鼻水がとまらない原因!3つの対処法も紹介

Pocket

「お酒を飲んだらくしゃみや鼻水が止まらないけど、なぜなの?」

アルコールでのくしゃみや鼻水の原因は、2つあります。

では、その原因はなんなのでしょうか?

ということで今回は、

  • アルコールでくしゃみや鼻水がとまらない原因は?
  • 3つの対処法とは?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールによるくしゃみや鼻水が止まらない原因

お酒を飲んだ後のくしゃみや鼻水の原因は、以下をご覧下さい。

  1. 脱水症状による鼻の粘膜の乾燥
  2. アレルギー性鼻炎とアルコールの相性が悪いから
  3. アルコールアレルギーの疑い

などの原因があります。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

アルコールによる脱水症状

アルコールによる脱水症状は、粘膜の水分も抜かれてしまい、乾燥しやすくなります。

鼻の粘膜は、乾燥することにより鼻づまりが起きてしまうのです。

アルコールは、血管に入ると血行がよくなります。

流れが活性化され、鼻の粘膜である海綿体に血液がたまるからと言われています。

血液がたまることで、鬱血され緊張状態が続きます。

鼻の粘膜が腫れることで、内部が狭くなり鼻づまりを起こすのです。

スポンサーリンク

アルコールとアレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の方は、アルコールを飲んではいけません。

アルコールと鼻炎の薬は愛称が悪く効果が、薄れると言われています。

まずは、鼻炎を完治させることを徹底しましょう。

清掃も必要です。

部屋には、多くのダニやカビが生息しています。

これらは、アレルゲンと言われている物質になります。

アレルゲンは、掃除機で部屋中を吸い取ることで緩和できます。

アルコールアレルギーの疑い

お酒を飲むと、くしゃみや鼻水が出る場合は、アルコールアレルギーの可能性があります。

ただ、自分自身では、アルコールアレルギーとは気づくのは困難でしょう。

なので、必ず病院へ行ってアルコールアレルギーかどうかの検査を受けましょう。

スポンサーリンク

アルコールでのくしゃみや鼻水が止まらない時の3つの対処法

対処法は、以下をご覧下さい。

  1. 宴会の席で、お酒を勧められても、必ず断る!
  2. 免疫力が低下している場合は、食事にも注意する!
  3. 宴会の席でなるべく、タバコの煙を吸い込まないように非喫煙者の近くにいく!

などが対処法です。

ちなみに、食事の面では、シジミ汁がオススメです。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

シジミに含まれるオルチニンやアラニンが、くしゃみや鼻づまりの対策食品になります。

また、シジミ以外に肉や魚に含まれるグルタミンやアミノ酸などの摂取が必要になります。

ただ、これらの栄養素をきちんと摂ろうと思っても難しいですよね?

そんな時は、ライフパックナノがおすすめです。

詳細はこちらをご覧下さい。

コレを飲めば、シジミやお肉、魚が食べれない場合でも効率的に栄養を補給できます。

アルコールアレルギーの治療法

もしも、アルコールアレルギーと診断された方は、治療をしなければいけません。

アルコールアレルギー治療には、ステロイド剤を使用すると言われています。

気管支喘息などの症状でステロイドは非常に効果があるとも言われています。

アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎でもステロイドは有効と言われています。

治療法についても減感作療法、抗アレルギー薬、漢方薬、ビタミン剤など様々な治療方法があります。

ただ、これらがあなたに効果があるかは分かりません。

医師との相談で決めて、実行されてください。

スポンサーリンク

アルコールアレルギーの注意点

アルコールアレルギーと診断されたらアルコールは、生活の中からあなたのそばから外す事です。

アルコールアレルギーと知らずに生活していると、以下の症状も出てきます。

  • 顔が赤くなる
  • 身体に蕁麻疹などができる
  • 肌に赤みが出たりする
  • 消化器系の不調
  • くしゃみや鼻水、鼻ずまり
  • 消毒や化粧水での湿疹
  • 頻脈が起こる。

など起こります。

日頃からの注意が必要です。

最近ではヨーグルトがアレルギーに効果があると言われています。

詳細はこちらをご覧下さい。

専門の研究者から、L-92乳酸菌が効果があるとも言われています。

一番は、やはり医師から処方された薬ではないでしょうか?

アルコールとくしゃみ鼻水まとめ

アルコールでくしゃみや鼻水が止まらない原因は、脱水症状による鼻粘膜の乾燥やアレルギー性鼻炎、アルコールアレルギーなど!

3つの対処法は、お酒を飲まない、免疫の弱い人は食事も気をつける、タバコの煙も極力吸わない!

など分かりました。

アルコールアレルギーの人が、お酒を飲むと蕁麻疹やかゆみなども起こる場合があります

症状が悪化すると、アナフィラキシーショックが起こる可能性もあります。

お酒を少しでも飲んで、くしゃみや鼻水などが出る方は、一度病院へ行って検査を必ず受けましょう。

今後も健康に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です