お酒に酔わない為の市販薬はどれ?気持ち悪くなった時の対処法も紹介

Pocket

「お酒に酔わないための市販薬はどれなのか…」

お酒に酔わないための市販薬は種類別に3つあります。

では、その市販薬はどれなのでしょうか?

ということで今回は、

  • お酒に酔わない為の市販薬はどれ?
  • 気持ち悪くなった時の対処法は?

などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

お酒に酔わないための3種類の効果的な市販薬

まず、1つ目はハイチオールC+です。

詳細はこちらをご覧下さい。

ハイチオールC+をお酒を飲む前と飲み終わりに、それぞれ3錠ずつ飲みましょう。

L-システインという成分が、アルコールの分解を助けてくれます。

次に、2つ目はウコンの力です。

詳細はこちらをご覧下さい。

ウコンの力の成分であるクルクミンが、効果的です。

お酒を飲み前に飲むことで、「翌日、二日酔いにならなかった」という風に言われています。

二日酔いを避けたい方は、飲酒前にお試し下さい。

3つ目は、ヘパリーゼです。

詳細はこちらをご覧下さい。

ヘパリーゼは医薬品で、二日酔いや悪酔い防止、肝臓の働きの活性化などに効果があります。

お酒を飲み始める30分前に、飲むと効果的です。

気持ち悪くなった時の対処法

身体が楽になるように、安静にする事が大事です。

吐き気を抑えるためには、消化管の乱れや不快感を軽減する事が必要で、まずは安静にして楽になります。

壁にもたれたり、寝転がったりします。

また、悪寒を伴う場合は身体を温めて、反対に暑い場合は衣服のボタンを緩めて身体を楽にします。

このようにすると、消化管や嘔吐中枢への刺激が軽減されて吐き気が解消出来ます。

スポンサーリンク

お酒に酔わないように出来る飲み方

ゆっくりのペースで、飲んでいくのが大切です。

一気に飲んでしまうと、必ず酔ってしまいます。

この時に、おつまみも必ず食べるようにして、胃の中に何も入っていない状態でアルコールを入れると酔いやすいです。

また、お酒を飲んだら、水等を交互に飲むようにして胃のアルコールを薄めます。

酔った場合の対策

水分不足が原因で酔う場合もあるため、水分補給をする事です。

この時には、ミネラルウォーターかスポーツドリンク等の身体に馴染みやすい飲み物を飲む事で、常温で飲みます。

詳細はこちらをご覧下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。

アルコールを分解するのを助けるために、フルーツも摂りましょう。

水分補給にもなり、肝臓の働きを助けてくれるビタミンCやビタミンBやクエン酸が含まれています。

スポンサーリンク

飲酒前と飲酒後に気をつけるべきこと

飲酒前に気を付けることは、飲み過ぎない事です。

肝臓に負担がかかり過ぎるため、肝臓がん等の病気にかかりやすくなります。

また病気にかからなくても、酔いやすくなるため適量を守って飲みます。

肝臓に負担がかからないように、酔わないようにする飲み方を心掛けましょう。

そして、バランスの良い食事も心掛けて、アルコールの吸収を遅くさせます。

飲酒後に気を付けることは、睡眠をきちんと取る事です。

体内でアルコールが処理されていき、体が正常に戻ろうとしています。

このため、体を休ませないとアルコールが体内に残ったままになってしまいます。

アルコールが残っていると、少しの変化でも目が覚めるようになってしまいます。

これにより、不眠症に繋がる恐れがあります。

御酒に酔わない市販薬まとめ

  • お酒に酔わない為の市販薬は、ハイチオールC+やウコンの力、ヘパリーゼなど!
  • 気持ち悪くなった時の対処法は、とにかく横になって安静にすること!

お酒に酔わない市販薬では、錠剤タイプやドリンクタイプなど紹介しました。

ご自身に合うものを選んでお試し下さい。

そして、お酒で気持ち悪くなってしまったら無理をせず横になったり服のボタンを緩めたりして、安静にしましょう。

今後も生活に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です