アルコールが抜ける時間の計算方法!運転はいつから出来るの?

Pocket

「アルコールが抜ける時間ってどれくらいかかるの?」

アルコールが抜ける時間は、人の体重によって大きく異なります。

では、その計算方法はどのように行うのでしょうか?

ということで今回は、アルコールの抜ける時間の計算方法や運転開始時間などの疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールが抜ける時間の計算方法

アルコールが体から抜ける時間の計算方法は人により異なり、飲んだお酒の量だけではなく体重も関係してきます。

一般的には、次の方法で計算します。

  1. 自分の体重×0.1=1時間に分解出来る量(グラム)
  2. 飲んだお酒の量×(飲んだお酒のアルコール度数÷100)×0.8=純アルコール量(グラム)
  3. 1時間に分解出来る量÷純アルコール量=飲んだお酒のアルコールが抜ける時間

運転はいつから出来るの?

例えば、体重60キログラムの人がアルコール5%のビールを500ミリリットル飲んだ場合は、以下の計算式になります。

  1. 60×0.1=6.0[※1時間に分解できる量]
  2. 500×(5÷100)×0.8=20.0[※純アルコール量]
  3. 20.0÷6.0=0.333[飲んだお酒のアルコールが抜ける時間]

なります。

結論、3.33時間になるのでビール1杯でも約3時間半もアルコールが抜ける時間はかかってしまいます。

ワイン1杯では男性では1.6時間で、女性では2.1時間です。

日本酒1合では、男性が3.1時間で女性が4時間です。

スポンサーリンク

アルコール摂取した翌日の車の運転について

お酒を飲んだ後は、酔いが覚めるまでは一定の時間がかかり、飲んだ量と時間によっては翌日の午前中でも体からお酒が抜けていないです。

この状態で運転してしまうと、酒気帯び運転になる可能性が高くなります。

基本的に、アルコールを飲んだ翌日は運転をしない事を徹底しましょう。

しかし、仕事上どうしても運転をしないといけない場合がある方もいると思います。

その場合は、肝臓の活性化と解毒を進めて早くアルコールを抜きましょう。

例えば、セキュリティーフィールベターがおすすめです。

ドリンクになっているため、消化に時間がかかりません。

胃に沢山入っていても、内臓に負担をかけることもございません。

飲み終わった後や寝る前に飲むと、アルコールの分解を早めてくれて二日酔いになってもリカバーが早くなります。

免許取り消しはどのくらいのアルコールを飲んだらなるの?

体内にアルコールが保有されていると、必ず違反になるわけではないです。

呼気中のアルコール量が呼気1リットル中のアルコール量が0.15ミリグラム未満であると、酒気帯び運転にはならないため違反ではないです。

呼気1リットル中のアルコール量が、0.15ミリグラム以上で0.25ミリグラム未満の場合は、軽い酒気帯び運転になります。

この時の違反点数は13点で、前歴がなければ免許の停止は90日になります。

しかし前歴があると、前歴の1点が追加されて14点になります。

呼気1リットル中のアルコール量が、0.25ミリグラム以上であると、重い酒気帯び運転になります。

0.25ミリグラム以上なら何ミリグラムでも、違反点数は25点です。

前歴のない人でも、免許の取り消しになり欠格期間も2年になってしまいます。

スポンサーリンク

アルコール抜けるまとめ

アルコールが抜けるまでの計算方法は上記のように行い、アルコールを摂取した量や時間によっては翌日の運転はなるべく避けるようにします。

アルコールが残っている状態で運転をしてしまうと、免許取り消しになる危険性があります。

どうしても運転をしないといけない場合は、早くアルコールを抜く努力をします。

今後も生活に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です