アルコールの度数とパーセントの違いについて!超簡単な計算方法も紹介

Pocket

「アルコールの度数とパーセントってどう違うの?」

アルコールの度数とパーセントは、似ているようで違います。

では、その違いはなんなのでしょうか?

ということで今回は、アルコールの度数とパーセントの違いや簡単な計算方法についての疑問解決策を紹介します!

スポンサーリンク

アルコールの度数とパーセントの違い

アルコールは、100gに対して100%のアルコールが入っている「グラム数の割合で換算される重量%」があります。

もう一つは、100gに対して100%のアルコールが入っている「ミリリットルの割合で換算される容量%」もあります。

前者は、「%」で表し、後者は「度」で表します。

水とアルコールでは比重が異なっているため、容量のパーセントに比べると重量パーセントの方が少しアルコール濃度が高くなります。

ビールは、「%」でアルコール度数を表し、日本酒とウイスキーとブランデーは度でアルコール度数を表しています。

アルコール度数を知る超簡単な計算方法

アルコール度数の計算方法は、ドリンク中のアルコールの体積に、ドリンク全体の体積を100倍にします。

例えば焼酎を炭酸水で割る場合は、大体25度と仮定します。

詳細な計算式は、以下をご覧下さい。

(0.25×焼酎の量)÷(焼酎+炭酸水の量)×100

上記の計算式によって、アルコール度数が算出出来ます。

スポンサーリンク

アルコールパーセント表示の注意点

アルコール分は、「度」か「%」で表示します。

アルコール分は、酒税法に定める税率適用区分を同じくする一度の範囲内で、○○度以上○○度未満と表示をします。

ただし、アルコール分が15度以上16度未満のものは、アルコール分15.0度以上15.9度以下又はアルコール分15度と表示をするようになっています。

ビールや発泡酒や清酒や果実酒やその他の醸造酒は、アルコール分±1度の範囲内で表示をします。

例えば、アルコール分12度以上14度未満は、アルコール分13度と表示する事です。

アルコール分4.5度以上6.5度未満のものは、アルコール分5.5度と0.5度刻みで表示をします。

計算せずに一瞬で度数を知る方法
~アルコール度数計や濃度計~

アルコール度数計は、毛細血管を経過するアルコールの粘度によって、おおよその度数を計るものです。

アルコール度数は、0から25度まで計測が可能です。

赤ワインや日本酒やウイスキーの水割りや焼酎等のアルコール度数を、簡易的に計れます。

アルコール濃度計は、光の屈折を利用して液体の総体濃度を測定する器械です。

蒸留酒は、基本的にアルコールと水が主成分であるため、アルコール濃度計で濃度が測定出来ます。

醸造酒は、アルコールと水以外にも糖が主成分になっているため、そのまま測定してしまうとアルコールに加えて糖の値も合算してしまいます。

このため、醸造酒の場合は、蒸留酒を測定してから測定をします。

スポンサーリンク

アルコール度数とパーセントまとめ

アルコール度数とパーセントは、100パーセントのアルコールに入っているグラム数の割合かミリリットルの割合のどちらで換算されるのかで異なります。

アルコール度数を知る計算方法は上記のように行い、酒税法によって○○度以上○○度未満とアルコールパーセントを表示します。

度数を計算すると面倒であるが、アルコール度数計や濃度計なら簡単に度数を知る事が出来ます。

今後も生活に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です