アルコールで寒気や震えが出る原因って何?対処法も紹介

Pocket

アルコールを飲んだ時に、「なんで寒気や震えが出るのだろう?」なんて感じることありますよね!

そんな時、どうやって寒気や震えを無くす事が出来るのかと不安になると思います。

実は、寒気が出る時と震えが出る時とで原因は全く違います。

この記事では、アルコールを飲んだ時の寒気や震えが出る原因や対処法を解説していきますので、困っている方は是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

アルコールで寒気が出る原因

アルコールで寒気が出るのは、お酒に弱いために起こります。

お酒を飲むと、アルコールの一部は胃で吸収されて、一部は胃で分解されます。

分解するのに必要な酵素が少なかったり、活性が低い人がいたりされますが、そういった方は、下戸やお酒に弱い人です。

胃や小腸で吸収されたアルコールは、肝臓で分解されてアセトアルデヒドという物質になります。

アセトアルデヒドの影響によって、血管が拡張されます。

普通は血管が拡張されると暑さを感じますが、お酒に弱い人はお酒の分解が十分に行われません。

分解しきれなかったアルコールは、そのまま血中を駆け巡る事になります。

こうなるとアルコール濃度が上がり血管が収縮するため、寒さを感じるようになります。

次に、震えを感じる方は寒気を感じる方とどう違うのかを解説します。

アルコールで震えが出る原因

アルコールを飲んで震えが出る人は、お酒を普段から大量に飲んでいるからです。

アルコールが切れた場合は、震えが頻繁に起きるようになります。

更に、震えが止まらなくなってもアルコールを飲み続けた場合は、アルコール依存症になる可能性があります。

アルコール依存症の期間が長引くほど、常に手が震えるようになってしまいます。

アルコールで寒気や震えが出た場合の対処法

アルコールで寒気が出たら、上着を着たり毛布を掛けたりして体温を低下させないようにします。

気温が高い夏であっても、そのまま放置してしまうと凍結してしまう可能性があります。

震えが起きた場合は、早急に救急車を呼ぶ必要があります。

アルコール依存症になると脳への酸素供給が止まり、脳損傷が起きる可能性があります。

こうなってしまうと早急な回復が見込めなくなり、酷い場合は後遺症が出る危険性が出てきます。

アルコールで寒気や震えが出ないようにする為の防止方法

アルコールで寒気や震えが出ないようにするには、お酒を適量飲むように心掛けます。

大量に飲む事で起こる事が多いため、アルコールを毎日飲まないようにしたり、毎日飲んでもコップ1杯だけにしたりして飲む量を調節します。

特にお酒に弱い人が飲む場合は、自分が飲める量を把握しておき体に合わせて飲む量を決めます。

寒気や震えの原因がもしも急性アルコール中毒の場合はどうすればいいのか?

意識がある場合は、直ぐにお酒を飲むのを止めて、横になって楽な姿勢を取らせて体を温めるために上着を着せたり毛布を掛けたりします。

そして、水やお茶やスポーツドリンクを飲ませて、血中アルコール濃度を下げます。

意識がない場合は、直ぐに救急車を呼びます。

叩いても揺すっても何を行っても起きなかったり、体が震えた強い寒気を感じていて体温が明らかに下がっている時には救急車を呼ぶサインになります。

万が一の事態を避けるために、救急車が来るまでは常に誰かが側にいるようにします。

≪アサヒ≫おいしい水富士山 2L×6本【1本あたり84円】

伊藤園 おーいお茶 緑茶 2L 12本 【送料無料】 税込み2,436円 

ポカリスエット(900mL*12本入)【イチオシ】【ポカリスエット】[ポカリスエット 900ml 12本 スポーツドリンク]【送料無料】 税込 2,181 円 

アルコールの寒気や震えの原因や対処法まとめ

  • アルコールで寒気が出る原因は、アルコールが体内で分解するのに時間がかかるため!
  • アルコールで震えが出る原因は、お酒の飲み過ぎやアルコール依存症の疑いがある!
  • アルコールで寒気が出た時は、体を温めるために上着を着たり、毛布を掛けたりする!
  • アルコールで震えが出た時は、救急車を直ぐに呼ぶ事!

など分かりました。

寒気が出た時は、体を温めればなんとかなりますが、震えが出た時は要注意です。

日頃から、寒気や震えが出ないように、アルコールを摂取する量をコップ1杯だけにしておきます。

急性アルコール中毒の場合は、上記のように家族等が対処を行うことも大切です。

今後も生活に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です