アルコールで汗が大量に出て止まらない…!原因や対処法を紹介!

Pocket

「最近、アルコールを飲んだら汗をダラダラかくんだけど、どうしてだろう?」と思うことってありますよね?

そんな時、「何かの病気なのかな?」「どうやったらこの汗を出なく出来るの?」と不安になると思います。

でも、ご安心下さい。

アルコールで汗をかく原因は、お酒を大量に飲んでいる可能性が高いからです。

では、どのくらいの量であれば汗を大量にかかないのでしょうか?

今回は、アルコールで汗を大量にかく具体的な原因や対処法を解説していきます。

スポンサーリンク

アルコールで汗が大量に出て止まらない原因

原因は、アルコールの飲み過ぎやアルコール中毒や依存症の恐れがあるからです。

アルコールを大量に飲むと、体温が上がりやすくなって、発汗しやすい状態になります。

更に、アルコールを飲む量も関係していて、少量よりも大量に飲んだ時の方が汗が出やすいです。

ただ、毎日アルコールを大量に飲んでいる人の場合は、注意が必要です。

その理由は、アルコール中毒や依存症になっている恐れがあるからです。

汗を大量にかく以外に、手の震えや全身の痙攣などが起きている場合は、必ず病院へ行きましょう。

アルコールで汗をかいた時の対処法

対処法は、水分をとにかくとる事が大切です。

たっぷり水分を取って、アルコールを体内から抜くようにしましょう。

水を飲むことで、尿と一緒にアルコールも排出されます。

アルコールが体内から抜けると、体が冷えてきます。

体が冷えると体の熱を逃がさないようになって、飲酒をした後は最終的に発汗量は少なくなります。

【送料無料】国産ミネラルウォーター 天然水 ピュアの森 500ml×48本 2330円(税込み)

アルコールを飲んでも汗をあんまりかかない方法

アルコールを飲んでも汗をあまりかかないようにするには、お風呂よりもシャワーを浴びる事や適量を飲む事です。

まず、シャワーに関しては湯船に浸かるより体の負担が少なく、血行が良くなります。

そのため、シャワーを浴びてから飲酒をすると汗をかく量が少なくなります。

お風呂に入っても血行は良くなりますが、体が温まり過ぎているためアルコールの周りが早くなってしまいます。

水分もどんどん抜けていき、アルコールだけが残ってしまいます。

更には、脱水症状になる恐れもあるのです。

脱水症状に気が付かないで入っていると、気を失っておぼれてしまうため注意が必要です。

また、溺れなかったとしてもお風呂から上がって、気を失って倒れる恐れもあるのです。

しかし、シャワーなら、お風呂よりは体が温まらないため丁度良いです。

また、お酒を飲む量を適量にする事でも、汗を掻く量を抑える事が出来ます。

では、アルコールの適量はどのくらいにすれば良いのでしょうか?

例えば、ビール3杯飲んでいた人は、ビールを1杯にする必要があります。

ただ、アルコールが大好きな人にとって、これは辛いことですよね?

なので、アルコールを飲む分だけお水を大量に飲む必要があるのです。

お酒を沢山飲む程、血行が良くなり過ぎて汗をかきやすくなります。

そのため、飲む量に気を付ける事で、全く汗をかかなくなる事はないが大量に汗が出る事はなくなります。

アルコールで大汗をかいたらアルコールは抜けるの?

アルコールが、完全に抜ける事はありません。

アルコールを摂取して汗をかくと、アルコールの内の約10%は代謝されないまま体の外に出ていきます。

汗をかくと、体が軽い脱水症状になります。

血中アルコール濃度が上昇するため、汗をかくだけではアルコールは抜けていかないです。

また、アルコールには利尿作用があり、アルコールを摂取した水分以上の水分が体から失われます。

アルコール度数の高いお酒を飲むだけ水分が失われていき、脱水状態になります。

このため、アルコールを飲んで大汗を掻いただけではアルコールは抜けないです。

やはり、アルコールが抜けるようにするには、水分補給をするのが一番効果的です。

アルコールで汗をかく原因や対処法まとめ

  • アルコールで汗が大量に出て止まらない原因は、飲み過ぎ又はアルコール中毒や依存症の恐れがある!
  • アルコールで汗が大量に出て止まらない時の対処法は、水を沢山飲む事やシャワーを浴びる事、適量を守って飲むこと!

アルコールを摂取すると汗が大量に出る事があり、汗が出たら水分を沢山摂るようにします。

大量に汗をかく事でアルコールが抜けるわけではないため、水分補給は重要です。

大量に汗をかかないようにするには、アルコールを摂取する前にシャワーを浴びます。

そして、アルコールを飲む量は適量を守るのが大切です。

今後も生活に関する有力情報を配信していきます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です